【中山寺の梅】 見頃はいつですか?

毎年、美しい梅の花を目当てに地元に方々のみならず、遠方からも大勢の方々が訪れるのが中山寺の梅祭りです。 中山寺で梅は、3月第1週目の日曜日に梅園開きが実施されます。 そのため3月1週目日曜日を迎えるまでは梅林見学はできません。 例年3月15日から3月22日にかけてが最も見頃とされて・・・
[続きを読む]

【中山寺の梅酒】 安産祈願寺の梅酒ってどうして使うの?

  大本山 中山寺は、安産祈願で知られる寺院です。 境内に咲き乱れる梅の花でも知られており、3月第一日曜日に開かれる梅開きを皮切りに多くの方が訪れます。 淡いピンク色や純白に染まった境内は、 妊婦の方が気軽に訪れることができるように、 エスカレーターやエレベー・・・
[続きを読む]

【中山寺の梅酒】 梅酒『紫雲』に込められた妊婦さんへの想い

梅の花で有名な中山寺では、梅酒「紫雲」を限定販売しています。 3月の第一日曜日に開催される梅開き後に、本堂近くに設置した販売所(簡易的なテント)で購入できます。 中山寺の梅酒の原料は、中山寺の裏山に植樹された約1000本にも達する梅の実を使っています。 1000本の梅の木が・・・
[続きを読む]

そもそも腹帯を戌の日に巻く目的って?

  妊娠すると、赤ちゃんが健康で無事に生まれてきてくれますようにという願いを込めて、戌の日に安産祈願をする人が多いです。 妊娠五か月目に入った最初の戌の日に、腹帯を巻いて神社などで安産祈願するのが戌の日のお祝いと呼びます。 腹帯は岩田帯とも呼び、岩のように丈夫な赤ちゃんが生ま・・・
[続きを読む]

腹帯のおまとめ情報

  [deco_bg image="paper2" width="100%"] 日本には色々な風習や習慣があり、それによって厄災を寄せ付けないようにしたり幸運を舞い込ませるようにするなど調べてみると古くから大切な意味を持っているものが多くなっています。 そんなもののひ・・・
[続きを読む]

中山寺限定品 【みやすうめ(梅シロップ)】【紫雲(梅酒)】の販売模様

  大本山 中山寺は、安産祈願寺として関西随一のお寺です。 安産祈願・お宮参りといえば、中山寺と言われるくらい皆さんが参拝されるお寺です。   中山寺の年間行事の節分(2月)や御稚児さん(4月)の日には宝塚歌劇団の方も参加していただいたりします。 3月・・・
[続きを読む]