そもそも腹帯を戌の日に巻く目的って?

 

妊娠すると、赤ちゃんが健康で無事に生まれてきてくれますようにという願いを込めて、戌の日に安産祈願をする人が多いです。

妊娠五か月目に入った最初の戌の日に、腹帯を巻いて神社などで安産祈願するのが戌の日のお祝いと呼びます。
腹帯は岩田帯とも呼び、岩のように丈夫な赤ちゃんが生まれてくるようにという願いを込めて使います。
その腹帯を戌の日に巻く目的は、腹帯によっておなかを固定することができるので、妊婦さんが体を動かすのが楽という意味があります。
お寺などで安産祈願をするときは歩きますから、おなかを固定して守るためにも腹帯は必要です。
また、腹帯を巻くことで冷えから体を守ることができますし、腹帯で妊婦のおなかを守ることから外的な衝撃から身を守る目的もあります。
腹帯には昔ながらのさらしタイプが一番多く利用されています。
さらしは、綿100パーセントのものが多く、通気性吸汗性にも優れているので、妊婦の負担を少なくすることができます。
さらしの巻き方は、きつく巻きすぎないようにし、前かがみになっておなかを見ながら巻くようにします。
さらしは伸縮性のものがほとんどですが、できるだけおなかに負担をかけないように、きつく巻くのはやめましょう。
そして戌の日お参り服装は、妊婦ですから体を第一に考え、特に正装である必要がありません。
体を締め付けず、楽に過ごせるものがいいでしょう。
肌の露出を控えて派手な色を避ける、素足やサンダルなども控えるようにすれば、特別に気を遣う必要がありません。