【中山寺 お礼参り】 お礼参りとはどんなことをするの?

2016-07-21 16.33.47

中山寺では、安産祈願を受けた方向けに、お礼参りをおこなっています。

安産のご利益がある十一面観音菩薩に、無事出産したお礼をするために開催されています。

お礼参りの手続きは、安産祈願の手続きと同じ本堂で行っております。

安産祈願の受付は、本堂向かって左側に位置し、
お礼まいりの受付は本堂向かって右側になります。
受付時間は通常9~16時まで、随時受け付けています。

お納め料は1000円になります。

お礼参りでは特にご祈祷などはないので、

「無事に出産できました。ありがとうございます。」

ということでお納め料をお納めしてきます。
お礼参りのお納め料は1,000円です。

(3,000円とか書いてあるのは母子息災祈願の御祈祷料です)

母子息災祈願といって、これからの赤ちゃんの無事の成長とお母さんの産後の体の健康をお祈りしてもらうご祈祷もお願いすることができるのですが、こちらはお礼参りのお納め料と合わせて3,000円~です。

 

話はそれましたが、
お礼まいりの受付では、下記を記入しなくてはいけません。
お子さんの名前
ふりがな
生年月日
性別
ご両親のお名前
ふりがな
住所
電話番号

中山寺で受け取った
お腹帯とお守り、お礼、護符、出産直後につかったさらし
(ない場合にはお納め料に500円が加わります)
を用意しておきましょう。

受容品は観音様のお守りとお供物になります。

出産後は、体調を優先してください

少なくとも10日間しっかりと休み、
1ヶ月ほど安静にして心身を整え、
無理をしないようにしてください。


中山寺のお礼参りに行く時には、
無理がないように余裕をもって計画し、
できるかぎり配偶者や家族と連れたって
お礼参りしましょう。

出産後には、安産祈願のときに受け取ったお腹帯を腹部に巻いて、
しっかりと温めてください。

お腹帯は腹部を温めるだけでなく、
腹壁の緩みを防いでくれるので、
産後に尿漏れするなどのトラブルを防いでくれます。