【中山寺 安産祈願】 安産祈願にいったほうがいいの?

500x0_564d7436-0e04-4789-8128-366c0a01030c.jpg

8月9日は観音様が中山寺の本殿に集合するという言い伝えがあります。

こうした言い伝えにより、8月9日にお宮参りを行うと4万6千日分のお宮参りと同等の効果が得られるとされています。

常に多く人々が訪れている中山寺ですが、このような言い伝えにより8月9日は特に人手が多くなります。

存在する像は、お釈迦様の弟子を表したとされており、愛らしい表情から特に人気があります。

よく観察すると、一人一人の表情が異なる上に、とても表情豊かである事に気付く事が可能です。

穏やかな表情をされているので、つい時間を忘れ表情に見入ってしまうという方も多いほどです。

そして、中山寺に行く理由として最も多いのが安産祈願です。

実は、中山寺で安産祈願を行う際には好ましいタイミングが存在します。

それは、妊娠五ヶ月目に訪れるということです。

方法は二種類存在し、妊婦の身代わりとして御札を持ち歩くというものと本人に対して直接的に行うというものです。

両方行って頂く事も可能で、両方行って頂いた場合は後日自宅に御札が送付されるという仕組みです。

当日には腹帯を頂くこともできるのですが、腹帯には性別が記載されています。

この記載の的中率が高いとして人気が高いという一面もあるほどです。