【中山寺 腹帯】 中山寺でもらう腹帯は何のためにつかうの?

Pregnant couple
Pregnant couple

腹帯とは?
腹帯とは、妊娠5ヶ月ごろの安定期に入ってから産後にかけて腹部につける布です。


中山寺ではさらし布の御腹帯を祈願の際にお渡ししています。

日本には昔から、妊娠五ヶ月に入った最初の戌の日に、安産祈願のお参りをし、腹帯をつける風習があります。

なぜ戌の日に行うのかというと、犬が多産でお産が軽いため、安産の神さまとされているからです。

 

腹帯を巻くと、
下半身の冷えを防ぎ、
骨盤を支えてくれるため、
おなかが大きくなったことで変わってくる
体のバランスを取るのに役立ちます。

冷えは早産や難産の原因にもなり得ますので、

腹帯を巻くことは、おなかの赤ちゃんにとっても重要です。

 

巻き方は、おなかの下から上に持ち上げるように巻き付けます。
あまり
きつく巻くと、かえって血行が滞り、
体に悪影響を及ぼす可能性があるため、
力を入れすぎず、おへその上まで巻くこと
のないようにします。


巻き方がわからない場合は、助産師さんなどに相談してみるとよいでしょう。

また、最近では、腹帯に代わって、

簡単につけることのできる
妊婦用ガードルや腹巻などが
販売されています
ので、祈祷を受けたものはお守りとして保管し、

簡単につけられるものを普段使いにしてもよいでしょう。