【中山寺 安産祈願】 中山寺でもらう腹帯は1本と2本がある。どうして?

中山寺は梅林で有名ですが、それと同じくらい安産祈願に御利益があるとして有名なお寺です。

元々は聖徳太子が建立したお寺といわれていて、豊臣秀吉や秀頼、明治天皇といった歴史上の人物とも

ゆかりがあります。

中山寺の場所は兵庫県宝塚市にあって、お寺の入り口である山門は阪急電鉄中山観音駅から徒歩1分のところにあって

アクセスもしやすくなっています。

また高齢者や妊婦といった体の不自由な人にも楽に参拝することができるように

バリアフリーになっていたり、エスカレーターが完備してあるのも特徴といえるでしょう。

安産祈願の方法ですが、昔からの風習で戌の日にお参りするといいといわれています。

中山寺の安産祈祷は二種類あって、7000円であらかじめ祈祷してあるお守りと腹帯を1本もらうことができます。
それから妊婦の変わりに10日間祈祷したお札を後に郵送してもらえます。

安産特別祈祷では、料金は2万円でお守りとこちらは腹帯を2本いただけます。

別途、祈祷殿に移動して、グループごとに人部に対して直接の祈祷をしてもらうことになります。
その後10日間祈祷してもらったお札をもらうことができるのです。

特別祈祷に関しては、一日に何度も祈祷をする時間があるので10時から15時くらいまでの間の

時間に合わせて参拝するとよいでしょう。