【中山寺 戌の日】 安産祈祷と特別安産祈祷がある! 違いは?

2016-04-10 10.03.23 HDR 2016-04-10 10.03.02 2016-04-10 10.02.50

関西地方で安産祈願といえば中山寺といわれるくらいに有名なお寺です。

安産祈願は一般的に戌の日に合わせて行うことが多いです。

戌の日とは妊娠5か月を過ぎた妊婦さんが腹帯をして安産であるように願う日といわれています。

必ず戌の日に安産祈願に行かないといけないということはありませんが、
土日や大安に戌の日が重なると縁起を担いで祈祷に行く人が多いです。

中山寺はお寺には珍しく、エスカレーターが完備されていますので妊婦さんにとっては行きやすいです。

安産祈祷は7000円
安産特別祈祷20000円
のどちらかを選ぶことができます。

安産祈祷では前もって祈祷されている腹帯とお守りをもらって帰ります。

後日郵送で当日を含んだ10日間身代わりで祈祷してもらったお札が送られています。

 

腹帯には何年、性別がかかれており、かかれている性別と逆の性別が産まれるというジンクスも有名です。
駅からも近くバリアフリーのお寺ですのでとても人気があります。

戌の日や大安吉日、土日などは安産祈祷であっても受付に並ぶ必要がある場合もあります。
特に土日に戌の日や大安吉日が重なるととても並ぶことになります。

真夏や真冬は体調を整えて無理のない範囲で行きましょう。

できれば朝10時までに行くことをおすすめします。